美人東海道の風景にみる国貞と広重のつながり

展示内容紹介

歌川国貞(三代豊国)の「東海道五十三次之内」(通称:美人東海道)は、東海道の宿場を背景とし、手前に様々な女性を描いたシリーズとして知られています。背景に歌川広重の「東海道五拾三次之内」(通称:保永堂版東海道)から引用したとされる図が多くみられるのが特徴です。本展示では美人東海道と保永堂版東海道(復刻版)を同時に展示し、共通点や表現の違いなどを見比べてお楽しみ頂けます。

東海道五十三次コーナー

東海道五十三次之内 藤沢図

藤沢宿コーナー

東海道五拾三次之内 箱根之図

江の島コーナー

相州江之嶋之真景

企画展示コーナー

東海道五十三次之内 京都ノ図