展示資料解説

東海道五十三次内 四日市
資料名 東海道五十三次内 四日市
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 四日市
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
製作時期:嘉永6年(1853)。板元:丸蔦

宮宿(みやしゅく)は、熱田神宮(あつたじんぐう)の門前に古くからあった町を母体に整備された宿場町です。門前町(もんぜんまち。有力な寺院・神社の周辺に形成された町のこと。)として多くの参拝客を集めた一方、桑名宿(くわなじゅく)への船渡し場として栄えました。その繁栄ぶりは東海道随一とも謳われたほどでありました。本図では上下逆に飾られた掛け軸を熱心に鑑賞する男性二人とそれを見て笑う女性が描かれています。
四日市宿(よっかいちしゅく)の名物は追分饅頭(おいわけまんじゅう)。ひしゃくを腰に差した巡礼の子どもが馬の上から「もう一つ」と言っているようです。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。