展示資料解説

東海道五十三次内 岡崎
資料名 東海道五十三次内 岡崎
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 岡崎
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
製作時期:嘉永6年(1853)。板元:丸蔦

赤坂宿は、御油宿や吉田宿とともに飯盛女を多く抱えており、「御油や赤坂、吉田がなけりゃ、なんのよしみで江戸通い」と言われた程、活気のある宿場町でした。
岡崎宿は、背景に徳川家康の生家である岡崎城と、矢作川を掛かる矢作橋が描かれております。手前に描かれたこどもは『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』の主人公「和藤内(わとうない)」になぞらえられており、物語中で伊勢神宮の札で虎を制する場面が、本作ではこどもが猫に向かってお札を掲げる様子で描かれています。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。