展示資料解説

東海道五十三次内 藤川
資料名 東海道五十三次内 藤川
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤川
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
製作時期:嘉永6年(1853)。板元:丸蔦

藤川の図では店の看板に「山中(やまなか)名物 網袋類(あみぶくろるい)」とりありますが、山中とは藤川の東隣の山中(ここではさんちゅう)の集落名です。名物の網袋類はすべて苧麻(からむし)(Ramie麻のように繊維が布などにしようされる植物)を細工したもので、丈夫で長持ちしたといいます。
池鯉鮒(ちりゅう)では人が二人でも抱えられないほどの松の大木が描かれています。荷物を置き、手を伸ばして測っているうちに、どうやら二人は荷物を盗まれてしまったようです。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。