展示資料解説

東海道五十三次内 吉田
資料名 東海道五十三次内 吉田
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 吉原
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
製作時期:嘉永6年(1853)。板元:丸蔦

白須賀宿は海岸が見えているので名所「潮見坂」の辺りを描いています。菅笠をかぶり白衣を着て、白い山谷袋(巡拝袋)を首にかけた遍路の一行が歩いています。最後尾の少年が右手に持っているのは、名物の「豆石(まめいし)」でしょうか。
吉田宿は飯盛女が非常に多かったことでも知られ、「吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振り袖が」などの俗謡が広く知られています。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。