展示資料解説

東海道五十三次内 日本橋
資料名 東海道五十三次内 日本橋
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 日本橋
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
板元:丸蔦

江戸時代には日本橋(東海道のスタート地点)に魚河岸(うおがし)(魚市場)がありました。江戸っ子の大好きな魚は鰹(かつお)です。しかし男の人は、トンビに鰹をさらわれてしまったようです。
川崎の背景に描かれているのは多摩川を渡るための「六郷の渡し(ろくごうのわたし)(橋がない時代は、舟で渡っていた)」です。手前の人物は、この地に縁のある平井権八(しらい ごんぱち)(歌舞伎では白井権八(しらいごんぱち))で、本来は大変腕の立つ剣客ですが、この絵では犬に追いかけられています。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。