展示資料解説

東海道張交図会 御油 赤阪 藤川 岡崎(山藤版)
資料名 東海道張交図会 御油 赤阪 藤川 岡崎(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 御油
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

御油・・・山本勘助
戦国武将の山本勘助が描かれています。御油は勘助の出身地とされています。
赤坂・・・宮路山の紅葉と琵琶
藤原師長の伝説にちなんでいます。師長が宮路山の紅葉をながめながら琵琶を弾くと、水神の化身である美しい娘が現れ、琵琶の調べに合わせて歌ったそうです。
岡崎・・・浄瑠璃姫
琴を弾く浄瑠璃姫が描かれています。浄瑠璃姫は、奥州下りの途中で立ち寄った義経と恋に落ち、旅立っていった義経の後を追います。
藤川・・・藤川宿の風景
藤川宿の東のはずれにある山中村の風景を描いています。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。