展示資料解説

資料名 江の島 茶番 可楽作
分類
作者 歌川貞秀(橋本 貞秀)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
江の島の岩場にて海女たちが漁を行う場面が描かれ、せり出した岩には子どもが母に戯れている様子も見られます。また波の動きや岩肌は、大変細かく描き込まれている点も見どころです。右上の題枠に書かれた『江の嶋茶番』という作品については不明ですが、作者の「可楽」は著名な落語家の三笑亭可楽(さんしょうていからく)と推測され、戯作者(げさくしゃ)としても活躍していた人物です。