展示資料解説

資料名 東海道五十三次 小田原
分類
作者 葛飾 北斎
時代 江戸
形態・用途 小判横1枚 縦12.3 横17.2 cm
場所 小田原
解説
北斎が描いた東海道五十三次シリーズは大判は無く、大半は小判横です。景観描写をテーマにした初代歌川広重の作品に対し、旅姿や各宿駅の風俗がテーマとなっていて、独特の味わいを感じさせます。出版当初は狂歌グループからの依頼で「春興五十三駄之内」(しゅんこうごじゅうさんえきのうち)と題した摺物(すりもの)で、右側に狂歌(きょうか)が刷られていました。

各宿の内容を見ると、「程ヶ谷」(ほどがや)では農耕馬の足を洗う人の姿に春の訪れが感じられます。「戸塚」(とつか)では宿の女性に別れを惜しまれながら旅立つ二人連れ。「藤沢」では江の島一ノ鳥居(えのしまいちのとりい)をくぐって江の島へ向かう旅の女性たちが描かれています。先頭の女性の煙管(きせる)(訳注:パイプ)に付けられた赤い布は疱瘡除け(ほうそうよけ)(訳注:天然痘)のまじないです。道標(どうひょう)には「ここよりゑのしま道」(これよりえのしまみち)と書かれていますが、この道標に記された「享和四年(1804年)」(きょうわよねん)の文字から、このシリーズの制作年代が判ります。

「平塚」は、木陰で休む農夫たちと草刈りのカマや籠(かご)が描かれています。春先でまだ寒そうな風情です。「大磯」は大きな石を持ち上げようとしている人がいます。石には「虎か石」(とらがいし)と書かれていて、同宿の伝説の虎御前(とらごぜん)(訳注:曽我物語(そがものがたり)に出てくる女性、曽我物語を全国にひろめたと言われている)に基づいた画であることが分かります。「小田原」は「ういろう」売りと遠景に小田原城。
「ういろう(外郎)」とは小田原名物の薬の名で、現在でも販売されています。(同名のお菓子もあります)歌舞伎役者の二代目の市川団十郎が咳と痰の病で台詞(せりふ)をうまく言えずに困っていたときに、外郎を服用して治り、自作自演の『外郎売』(ういろううり)を舞台で演じたことは、この絵の描かれた当時から有名でした。画の女性は団十郎の真似をしているようです。