湘南と明治・大正・昭和の画家たち

展示内容紹介

藤沢市藤澤浮世絵館は、「湘南と明治・大正・昭和の画家たち」を開催します。

日本は明治時代に入ると、海外の絵画技法を本格的に取り入れるようになりました。一方では、伝統的な技法を「日本画 」と呼ぶようになり絵画表現は多様化していきました。浮世絵の絵師たちも、近代化の中で、他のジャンルに吸収されながら活躍の場を移していきました。本展では、浮世絵の流れをくみながら、明治・大正・昭和の時代に活躍した画家たちが描いた作品を企画展示コーナーで展示します。

また、東海道五十三次コーナーでは歌川広重の通称「人物東海道」の日本橋から袋井までの宿場、藤沢宿コーナーは、北斎の東海道五十三次から神奈川の宿場風景や北斎漫画の抜粋作品、江の島コーナーは、二代歌川豊国の「名所八景」シリーズを展示します。

東海道五十三次コーナー

歌川広重
五十三次 藤沢

藤沢宿コーナー

葛飾北斎
藤沢 平塚へ三里半

江の島コーナー

二代歌川豊国
名勝八景 富士暮雪「下仙元従宮中宿全図」

企画展示コーナー

川瀬巴水
相州七里が浜