浮世絵で春の江の島詣

展示内容紹介

藤沢のランドマークである江の島は、江戸時代にも多くの人が訪れる人気の参詣・観光の地でした。特に江島神社の弁才天が開帳される際には江戸中の人々がこぞって江の島に訪れたと言われています。そして春は江の島詣の盛りの季節で、その賑やかな様子は数々の浮世絵に描かれています。
本展では、江の島へ集まる人々を描いた浮世絵や、貝細工などの江の島名物のお土産をご覧いただきます。春の浮世絵を旅するような気分でご覧いただければ幸いです。

東海道五十三次コーナー

歌川国貞(三代豊国)
東海道五十三対 鳴海

藤沢宿コーナー

喜多川歌麿
女織蚕手業草 十

江の島コーナー

二代歌川広重
相州七里か浜
江之嶋金亀山遠景之図

企画展示コーナー

題名不詳(貝屏風)