北斎と北斎派の江の島

展示内容紹介

藤沢市藤澤浮世絵館は、「北斎と北斎派の江の島」を開催いたします。

最も有名な浮世絵師と称される葛飾北斎は、天才的な画の技術のみならず、多くの絵師に影響を与えたことでも知られています。今回の展示では、北斎ならびにその流派にあたる北渓、辰斎、北寿などの絵師が描いた江の島を企画展示コーナーにて特集します。

東海道五十三次コーナーでは、広重東海道作品の通称「人物東海道」シリーズより前回の展示に引き続き見附から京までを展示します。藤沢宿コーナーでは、お正月の風物詩である双六の作品や、二代広重の東海道風景作品を展示します。江の島コーナーでは江の島弁才天が描かれた浮世絵と江戸期の弁才天の御札などの資料も展示します。

東海道五十三次コーナー

歌川広重
五十三次 京 三条橋(人物東海道)

藤沢宿コーナー

二代歌川広重
東海道五十三駅 藤沢 追分道

江の島コーナー

月岡芳年
芳年武者无類 遠江守北條時政

企画展示コーナー

葛飾北斎
冨嶽三十六景 相州七里浜