展示資料解説

歌川広重 冨士三十六景 相模七里が浜
資料名 冨士三十六景 相模七里か浜
分類 七里ヶ浜から遠景に江の島を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判縦1枚 縦34.0 横22.3
制作時期:安政5年(1858)4月頃。板元:蔦吉
広重の最晩年に制作されたシリーズの一つとして有名な作品です。冨士三十六景シリーズは三亭春馬の目録付で全部で37部となり、江戸南伝馬町の蔦屋吉蔵から上梓(じょうし)されたもので、安政5年4月に改印を受け翌年に刊行されています。広重の富士に取材した揃物は、嘉永5年12月改印の「不二三十六景」の揃があるにすぎません。そのどちらもあの有名な「冨嶽三十六景」の北斎の死後に刊行されていることは、彼が北斎に敬意を表し、また遠慮したようにも思えます。この画面は江の島と富士、七里ガ浜を望む袖ヶ浦あたりです。手前に描かれている茶屋は「出口の茶屋」と呼ばれ、天保9年頃の紀行文『冨士大山道中雑記附江之嶋鎌倉』にも「袖ヶ浦茶屋有、此所にて鎌倉絵図并名所記等商ふ茶屋の婦人、絵図講釈を致す」と記されています。茶店の軒先には「蔦吉」、「日本はし」、「魚可し」などの札が見られます。