展示資料解説

東海道五拾三次之内 金谷之図
資料名 東海道五十三次之内 金谷之図
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 金谷
解説
中判縦1枚 縦25.6 横18.3
製作時期:天保10年頃(1839)。板元:佐野喜(佐野屋喜兵衛)

背景は広重の保永堂版東海道「金谷 大井川遠岸(えんがん)」の構図を用いています。「遠岸」は遠江(とおとうみ)国側の岸を意味します。「嶋田」の図とはちょうど反対側の、金谷側の川岸からみた大井川の景色です。「嶋田」の図で、大井川を渡っていた行列の先頭部分を描いたかたちになっています。大きな駕籠(かご)を載せた輦台(れんだい)を大勢の人足(にんそく)が担いで川渡しを行っている様子などから、大名行列の川越えであることがわかります。
手前の女性は三味線を持った芸妓姿で、足もとに置かれた箱は三味線を収納した箱のようです。


国貞(三代豊国の前名)描くこの東海道シリーズは、各宿の風景をバックにして前面に立ち姿の美人を描いたもので、全シリーズを通し、バックの風景画は広重の保永堂版東海道に非常によく似ています。