展示資料解説

東海道五拾三次之内 嶋田ノ図
資料名 東海道五十三次之内 嶋田ノ図
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 島田
解説
中判縦1枚 縦25.6 横18.3
制作時期:天保4年頃(1833)。板元:佐野喜(佐野屋喜兵衛)

 背景は広重の保永堂版東海道「嶋田 大井川(おおいがわ)駿(すん)岸(がん)」の構図を用いています。大井川は島田宿(駿河(するが)国)と金谷(かなや)宿(遠江(とおとうみ)国)の間を流れる大河で、「箱根八里(はこねはちり)は馬(うま)でも越(こ)すが越す(こ)に越(こ)されぬ大井川」と唄われたように、増水時の川(かわ)留(ど)めも多く東海道中の難所のひとつでした。川岸には、川越えの準備をする人々の様子が描かれています。
手前の女性は「法橋(ほっきょう)光琳(こうりん)」(尾形光琳)の落款(らっかん)のある小屏風を背に文(ふみ)を読んで、物思いにふけっているところのようです。


国貞(三代豊国の前名)描くこの東海道シリーズは、各宿の風景をバックにして前面に立ち姿の美人を描いたもので、全シリーズを通し、バックの風景画は広重の保永堂版東海道に非常によく似ています。