展示資料解説

東海道五拾三次之内 府中之図
資料名 東海道五十三次之内 府中之図
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 府中
解説
中判縦1枚 縦25.6 横18.3
製作時期:天保10年頃(1839)。板元:佐野喜(佐野屋喜兵衛)

東海道には様々な川があり、橋が架かっていない川については、それぞれ船で渡るもの、人足を雇って渡るものが決まっていました。府中(ふちゅう)の背景に描かれた大井川(おおいがわ)は、人足(にんそく)を雇う「徒歩渡し(かちわたし)」の川でした。前景の女性は荷運びの人足の恰好をしていますが、実際にこの様な人足がいたわけではなく、国貞の創意によるものです。

国貞(三代豊国の前名)描くこの東海道シリーズは、各宿の風景をバックにして前面に立ち姿の美人を描いたもので、全シリーズを通し、バックの風景画は広重の保永堂版東海道に非常によく似ています。