展示資料解説

東海道張交図会 石部 草津 大津 京師(山藤版)
資料名 東海道張交図会 石部 草津 大津 京師(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 石部
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

石部・・・田楽
名物の田楽が墨一色で描かれています。
草津・・・琵琶湖風景
草津宿は東海道と中山道の追分の宿場として栄えました。穏やかな琵琶湖の様子が描かれています。
大津・・・大津絵
大津には土産物として大津絵を売る店が多くありました。描かれているのは「鬼の寒念仏」で、大津絵ではおなじみの画題です。
京師・・・大原女
手拭いを被り、薪に腰掛ける大原女が描かれています。頭に薪の束を乗せて売り歩く大原女の束の間の休息を垣間見ているようです。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。