展示資料解説

東海道張交図会 日坂 懸川 袋井(山藤版)
資料名 東海道張交図会 (日坂) 懸川 袋井(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 日坂
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

日坂・・・正成正行を教導す
南北朝時代の武将、楠木正成と息子の正行の対話の場面が描かれています。
掛川・・・秋葉道四十八瀬越え
秋葉神社の参詣路にある三倉川の風景です。「四十八瀬」とは三倉川のことで、人々はこの浅瀬をいくつも越えて秋葉神社へと向かいました。
袋井・・・桜ヶ池の故事
袋井宿とはやや離れますが、静岡県御前崎市に位置する桜ヶ池には、龍神の伝説があり、それを元にした図柄となっています。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。