展示資料解説

東海道張交図会 江尻 府中 鞠子 岡部(山藤版)
資料名 東海道張交図会 江尻 府中 鞠子 岡部(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江尻
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

江尻・・・三保之浦 羽衣之松
三保の松原に伝わる天女の羽衣伝説にちなんで、松の枝と羽衣らしきものが描かれています。
府中・・・芸妓
府中宿の二丁町の遊郭にちなんで、芸妓の後ろ姿が描かれています。
鞠子・・・とろゝ汁
芭蕉の句「梅若菜まりこのやどのとろろ汁」とあり、名物のとろろ汁を示すすり鉢が描かれています。
岡部・・・宇津の山越え
鞠子宿と岡部宿の間に位置する、宇津の山と呼ばれる峠道の景色です。


広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。