展示資料解説

東海道張交図会 蒲原 由井 興津(山藤版)
資料名 東海道張交図会 蒲原 由井 興津(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 蒲原
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

蒲原・・岩淵より不二河眺望
描かれている富士川は穏やかな姿に見えますが、実際は急流となっており、現在でも日本の三大急流といわれています。
由井・・・倉沢おどりの図
「倉沢おどり」の様子が描かれています。現在も倉沢という地名はありますが、この踊りの文化は残っていません。
興津・・・田子の浦の景
「田子の浦にうちいでて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」は奈良時代の歌人・山部赤人の詠んだ歌です。歌にあるように、富士の高嶺に雪が降り積もっているのを眺めているようです。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。