展示資料解説

東海道張交図会 三嶋 沼津 原 吉原(山藤版)
資料名 東海道張交図会 三嶋 沼津 原 吉原(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 三島
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

三嶋・・・女達三島のおせん
歌舞伎の演目の登場人物で、人気のあった三島の「おせん」が描かれています。
沼津・・・愛鷹山
愛鷹山は富士山の南に位置しており、沼津で最も高い山です。
原・・・竹取の翁 かぐや姫を得る
日本のおとぎ話の「竹取物語」が取り上げられています。物語の冒頭の、おじいさんがかぐや姫を竹の中から見つけて連れ帰る場面です。
吉原・・・浮島が原
浮島沼は富士市と沼津市の海岸地帯に広がる「浮島が原」と呼ばれる湿地帯の景色です。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。