展示資料解説

東海道張交図会 平塚 大磯 小田原 箱根(山藤版)
資料名 東海道張交図会 平塚 大磯 小田原 箱根(山藤版)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 平塚
解説
大判縦1枚 縦37.8 横25.8
製作時期:安政3年(1856)。板元:山口藤兵衛

平塚・・・高麗寺山 花水橋 唐土が原
丸く盛り上がった形が特徴的な高麗山を望む景色です。
大磯・・・鴫立沢・西行法師の像
鴫立沢にゆかりのある西行法師の像です。現在も鴫立庵では西行法師の像が安置されています。
小田原・・・梅(梅干)・いかたゝき(塩辛)
「いかたたき」とみえる樽の中は、いかの塩辛と考えられます。小田原宿では、梅干しと並んで、人気の名物となっていました。
箱根・・・塔之沢 湯亭
江戸時代から湯治場として人気のあった箱根の塔ノ沢の景色です。江戸時代の温泉ブームにおいては、「箱根七湯」のひとつに数えられていました。

広重は風景を中心とした東海道ものを多く描いていますが、この画の様な異なったタイプのシリーズも残しています。これは一般に張交(はりまぜ)東海道といわれるもので、1枚の中に3~5宿の風景、名産、物語等が挿入されています。