展示資料解説

資料名 東海道五十三次図屏風
分類
作者 作者不詳
時代 江戸, 明治
形態・用途
場所
解説
 六曲(ろっきょく)一双(いっそう)の屏風で東海道の風景を描いたものです。右雙・左雙とも4~5段の構図になっています。右雙は、第一扇第一段の江戸城と日本橋から始まり、第三扇下段の藤沢まで、雲型の枠に中に武蔵・相模国内の宿場が左回りの渦状に描かれています。さらに、第四扇上部に大きく描かれた富士山を境に、三島から第六扇第1段の島田までジグザクに描かれています。
左雙は、第一扇下部の大井川から始まり、対岸の金谷から左雙全体を下から上へ蛇行する形で宿場が描かれ、第五扇上部に三条大橋、左の第六扇上部に内裏(だいり)が置かれています。