展示資料解説

東海道七 五十三次之内藤沢(蔦屋版)
資料名 東海道七 五十三次之内 藤沢 四ツ谷の立場(蔦屋版)
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
中判横1枚 縦18.1 横24.5
製作時期:弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)。板元:蔦屋吉蔵
このシリーズは板元名から俗に蔦屋版東海道と呼ばれます。藤沢宿ではなく、立場(宿場と宿場の間にある休憩地)であった四ッ谷の風景を描いています。四ッ谷は東海道が大山道に分岐する地点(追分け)で、大山詣の人々で賑わっていたようです。左端に描かれている不動明王像を戴いた大山道標は現在も同地点に立っています。