展示資料解説

資料名 日本名勝図会 江の島
分類
作者 小林 清親
時代 明治
形態・用途 大判錦絵
場所
解説
小林(こばやし)清(きよ)親(ちか)(1847-1915)の作画期は明治9年(1876)から没年までで、方円舎、真生楼、真生などの画号があります。
明治の広重と称され、写真、西洋画、日本画の三つを折衷融合した“光線画(こうせんが)"という独自の描法を開発したことで知られます。
清親は明治後半に入るとしだいに版画から離れ、肉筆画(にくひつが)を好んで描くようになり、浮世絵師から日本画家に転じてしまいますが、その頃の作品の一つと考えられます