展示資料解説

資料名 五衣色染分 黒
分類
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
 黒:小梅(こうめ)(『隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)』より)か
本作に描かれた美人は、侠客(きょうかく)「梅の由兵衛(うめのよしべえ)」の妻「小梅(こうめ)」とされています。歯には既婚女性の証である“お歯(は)黒(ぐろ)”が見られ、褄(つま)の部分には梅の紋様が配されています。また着物は烏(からす)の柄となっており、黒の色と対応しています。褄を取りながら船の乗り場に立っていることから、降りた船を見送っているところでしょうか。

五行説(ごぎょうせつ)において重要な色とされていた「黄」「青」「赤」「白」「黒」の5色に、それぞれ美人が当てはめて描かれています。またこの美人たちは、歌舞伎の登場人物に擬えて描かれており、各色は、その役が決まって着る衣装の色と対応しています。
「青」に描かれているのは、小栗判官ものの物語に登場する照手姫(てるてひめ)。小栗判官は藤沢の遊行寺とゆかりのある人物で、照手姫は小栗判官の恋人です。