展示資料解説

資料名 五衣色染分 黄
分類
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
 黄:お熊(くま)(『梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)』より)
黄色地に縞模様の“黄八丈(きはちじょう)”の着物を着た、材木問屋の娘である「お熊」が描かれています。お熊の登場する『梅雨小袖昔八丈』は、「髪結新三(かみゆいしんざ)」の愛称で親しまれている歌舞伎で、現在でも人気演目の一つとなっています。
左下にあるのは髪結いの道具で、物語の主人公、“回り髪結い(まわりかみゆい)”の新三(しんざ)を象徴しています。お熊は、店の手代(てだい)である忠七(ちゅうしち)と恋仲ながら、親に無理に縁談を結ばれそうになります。それを新三が聞いていて・・・ということから、話が展開していきます。


 五行説(ごぎょうせつ)において重要な色とされていた「青」「赤」「黄」「白」「黒」の5色に、それぞれ美人が当てはめて描かれています。またこの美人たちは、歌舞伎の登場人物に擬(なぞら)えて描かれており、各色は、その役が決まって着る衣装の色と対応しています。