展示資料解説

資料名 五衣色染分 赤
分類
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
赤:八重(やえ)垣(がき)姫(ひめ)(『本朝廿四(ほんちょうにじゅうし)孝(こう)』より)
華やかな赤い振袖を着た「八重垣姫」が描かれています。なお『本朝廿四孝』などの時代物の歌舞伎に登場するお姫様を“赤(あか)姫(ひめ)”と呼び、赤い着物を着ることが定番となっています。
八重垣姫は上杉(うえすぎ)謙(けん)信(しん)のひとり娘、また武田(たけだ)信(しん)玄(げん)の息子「勝頼(かつより)」の許婚でもあるという設定です。手に持っているのは武田家の宝の一つ「諏訪法性(すわほっしょう)の御(おん)兜(かぶと)」で、物語中の重要なアイテムの一つです。
兜の白い毛部分や着物の裾には空摺りが施されています。空摺りとは版木に絵の具をつけず、刷り圧だけで紙面に模様をつける技法のことです。

五行説(ごぎょうせつ)において重要な色とされていた「黄」「青」「赤」「白」「黒」の5色に、それぞれ美人が当てはめて描かれています。またこの美人たちは、歌舞伎の登場人物に擬えて描かれており、各色は、その役が決まって着る衣装の色と対応しています。
「青」に描かれているのは、小栗判官ものの物語に登場する照手姫(てるてひめ)。小栗判官は藤沢の遊行寺とゆかりのある人物で、照手姫は小栗判官の恋人です。