展示資料解説

資料名 相州江之嶋
分類
作者 鈴木 年基
時代 明治
形態・用途
場所
解説
西洋絵画や写真の流入と共に写実的な風景が描かれるようになった一方で、浮世絵の画風を引き継いだ絵師もいました。本作では高さは強調されていないものの、島の形などは写実とは言い難く、手前に見切れた樹木を配し遠近感を出すことも、浮世絵に見られる手法です。作者の鈴木(すずき)年基(としもと)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師である芳(よし)年(とし)の門弟で、大阪で活躍した絵師です。