展示資料解説

資料名 東海道藤沢平塚間 四ツ家山帰リ
分類
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
このシリーズ作品は、各宿にゆかりのある歌舞伎の主人公を演ずる人気役者の姿を大きく描き、背景にその地方の風景が添えられているものです。こうした趣向を「見立(みたて)」といい、この一連の作品は「役者(やくしゃ)見立(みたて)東海道(とうかいどう)」と呼ばれています。発売と共に非常な人気を呼び、図柄も追加され、また新たに宿間の図も出版されました。
この画も藤沢平塚宿間の四ツ谷(よつや)を描いたもので、「山帰り(やまがえり)」とは、「大山詣(おおやまもうで)の帰り」という意味です。描かれた画は八代目市川(いちかわ)団十郎(だんじゅうろう)の歌舞伎舞踊「山帰り」です。