展示資料解説

五十三次 浜松(人物東海道)
資料名 五十三次 浜松(人物東海道)
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 浜松
解説
中判縦1枚 縦23.8 横15.6
製作時期:嘉永4年(1851)~嘉永5年(1852)。板元:村市(村田屋市五郎)

うねりの強い遠州灘を後景に、籠いっぱいに松葉を集めた女性二人が、なにやら談笑しながら歩いています。画面から見切れるほど大きく描かれている松の姿も印象的です。

このシリーズは、人物を大きく中心に描いているため、一般に人物東海道と呼ばれます。