展示資料解説

資料名 五十三駅看立双六
分類
作者 三代 歌川 豊国(国貞)
時代 江戸
形態・用途
場所
解説
本作品は『役者見立東海道五十三駅(The series Fifty-three Stations of the Tokaido)』の絵柄を、各宿場のマスに描いた双六です。一つ一つは小さい絵ながら、頭髪等の彫りも丁寧になされており、大判作品の絵柄が見事に再現されています。「上リ(あがり)」の京都に描かれているのは、石川五右衛門(いしかわごえもん)と真柴久吉(ましばしさよし)(羽柴秀吉(はしばひでよし))で、「絶景かな、絶景かな」の台詞で知られる「楼門五山桐(さんもんごさんのきり)」の一場面となっています。