展示資料解説

資料名 富士見百図 初編
分類
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 版本
場所
解説
初代歌川広重(1797~1858)最晩年の著作。自序によると葛飾北斎の富嶽百景を意識して、より写実的な作品であることを強調しています。当初は百景を意図して作成されたようですが実際に出版されたのはこの1巻(20景収録)のみといわれています。類書として明治22年(1889)刊行の「富嶽真景」全2巻(大倉書店刊)があり、その第1巻はこの「富士見百図」を再刊したものです。また、第2巻にも「江の島道」など、広重の画に似せた富士を描いた風景画が収録されています