展示資料解説

東海道五十三図会七 藤沢(美人東海道)
資料名 東海道五十三図会七 藤沢(美人東海道)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
大判縦1枚 縦37.6 横25.7
製作時期:弘化4年(1848)~嘉永5年(1852)。板元:藤慶(藤屋慶次郎)
このシリーズは前面に美人姿を大きく描いているので一般に美人東海道と呼ばれます。広重は風景画の大家であると共に美人画でも評価が高かったようです。右端に「相州 江の嶋詣」とあるのでこの女性が江の島帰りであることがわかりますが、女性の脇の駕籠の上に乗っている品物は、江の島名物「アワビの粕漬け」です。背景(上段)は藤沢宿の景観で、後ろに見える山は大山です。