展示資料解説

歌川芳雪 相州江之島詣春の賑
資料名 相州江之島詣春の賑
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 歌川 芳雪
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判縦3枚続 縦36.5 横74.6
制作時期:弘化4年~嘉永末期(1847~1854)。板元:不明
落款は一嶺斎芳雪で、この板元印は石井研堂『地本錦絵問屋譜』に「薩摩守忠度」の武者絵にあるとだけ記されています。波荒い七里ガ浜で銭を投げ、裸の子どもに拾わせて楽しむ3人の女性、左の駕籠(かご)かきは2人とも芳雪得意の刺青(いれずみ)をしています。当時の江の島詣の旅風俗がよくわかる資料です。