展示資料解説

歌川広重 相摸江のしま風景
資料名 相摸江のしま風景
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
肉筆淡彩 縦25.4 横27.4
制作時期:安政6年(1859)頃
左手の広重落款(らっかん)の上方に「相模江乃し満風景」と画題があります。片瀬東浜あたりから見た江の島全景を描いています。島の正面の鳥居(とりい)を濃い墨でくっきりと描き、島全体は淡墨で草木の詞子をととのえています。「一立斎」の朱印はあまり明確ではありませんが、肉筆では「箱根山中」、(神奈川県立博物館所蔵)と同じ傾向の落款印章があるので、制作年代は安政6年(1859年)頃かと考えられます。