展示資料解説

歌川広重 江のしま参詣の図
資料名 江のしま参詣の図
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 歌川 広重
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判縦3枚続 縦35.8 横74.1
制作時期:嘉永6年(1853)。板元:若与
立派な乗り物に乗った貴人が江の島参詣を終えて、片瀬浜を小動(こゆるぎ)崎を経て七里ガ浜に向うところでしょうか。挟箱(はさみばこ)を先頭に長刀(なぎなた)、羅紗(らしゃ)入袋の日傘(ひがさ)、腰物筒、履物持など行列の威儀を正し、御殿女中たちは揃いの梅の模様の着物に揃いの日傘を差し、物持ちは藤花や麻の葉模様の振袖姿、4人の六尺(ろくしゃく)が担ぐ緋色に松竹梅の模様の羅紗の日覆(ひおおい)をかけた乗物の周囲には、色とりどりの裲襠(うちかけ)姿の上臈(じょうろう)たちがいて、その後には菅傘(すげがさ)の侍の列が続いています。この乗物の主は、相当身分の高い大名の奥方か大奥(おおおく)の行列を想像させます。江の島弁財天は家康が慶長5年(1600年)に関東に下向したときに参詣して以来、代々の将軍家の祈祷所(きとうしょ)となったことや、五代将軍綱吉の病気が杉山検校(けんぎょう)の祈祷と治療によって平癒(へいゆ)したこともあって、大奥及び諸大名からの信仰を多く集めたといわれています。上空に飛ぶ二羽の鶴に大奥の参詣の行列であることを、広重はそれとなく表現しているように思われます。